調剤薬局を開業する流れ

調剤薬局とは、医師が処方した処方箋に基づいて、薬剤師の方が薬を調合して販売する薬局のことですが、この調剤薬局を開業するには、様々な手順を踏まなくてはなりません。


メニュー


調剤薬局を開業する流れ

調剤薬局,開業

調剤薬局を開業する流れは、まず初めに開局コンセプトや法人ビジョン、中長期計画の策定をしていかなくてはなりません。これが調剤薬局の開業で最も重要な作業になります。 次に開局をする地域における各種統計データや患者ニーズ、そのほかの医療機関の状況を分析していき、そこから見込める需要処方せんの枚数を算出していきます。 そうしたら算出した枚数を基にして事業計画の策定をしていきます。そして投資の限度額や最低必要患者数などのシミュレーションしていくのです。 建築・設計をしていきます。この時は患者の利便性や満足度を高める空間を作ることを、最も重要として建築・設計を進めていきます。 建物が出来上がったら、次に職員の採用を行わなくてはなりません。そのためには就業規則などを作成していき労務管理をしっかりと行っていきます。そして求人サイトやチラシなどに求人掲載の手続をしていきます。 面接などの採用試験を行っていき、そこから職員を採用したら、次にその採用した職員の研修を実施していきます。それが終わったら企業理念や医療方針を実現する店舗を作っていき、かかりつけ薬局になってもらえるように心掛けた患者サービスの実施をしていきます。 367

調剤薬局を開業するのに資金も必要でしょうが

調剤薬局,開業

普段の生活を何気なく行っているような気がしますが、それに対しては案外難しさも考えられます。特にその仕事内容が難しいほど給料は高額となるでしょうが、その給料を得られるかどうかが問題になります。難しい仕事は誰しもができるようなものではありません。特に認められた方だけが行う事ができるようになっており、その認められているかどうかを判断するためのものとしまして、資格が取得されているかどうかが問題となる事が多くあります。 例えば調剤薬局で仕事をするという事を考えてみます。みなさんがお住まいの地域にも調剤薬局が必ずと言っていい程あるのではないでしょうか。そこを利用する立場としては多くあるものの、それを運営する立場にはなかなかなる事ができません。ですからあまり調剤薬局に対する知識の無い方がそれを運営する事は難しいでしょう。 またそれを運営するとなりますと、開業に対する資金もそれなりに必用となります。またそこで働かれる事務員さんは、専用の資格を持っていなければいけません。一般の事務員さんを雇っても、法的に許される仕事と許されない仕事に分類されますから、特に法律に触れるような内容は資格所持者が行う事となります。 368

更新履歴

Copyright(c)2014 調剤薬局を開業する流れ All rights reserved.
WEB MAGIC
369